「日高の峰のたくましく 朝に夕べに仰ぐとこ 理想は高く花と咲く ああはつらつの 愛国校」本校校歌の2番です。この歌詞の通り日高の山並みが毎日子どもたちを見守っています。 畑の先生に教わりながら,学校農園で様々な作物を育てています。 ふるさとを愛し,地域づくりに貢献する人材の育成をめざし,「料理の哲人」に学ぶ食農教育を行っています。学校農園で育てた愛国野菜をつかって調理体験をします。 運動会では,全校児童が力を合わせて「よさこいソーラン」を発表します。 学習発表会では日頃から練習している一輪車の演技を披露します。

愛の国から子ども力発信!!
≪小規模特認校制度実施校≫
帯広市立愛国小学校のホームページへようこそ

2学期始業式

□8月20日(月)

□Hot News 

「治水の杜」授業①
 洪水氾濫による被害の軽減、水防資材としての活用、緑のネットワークの形成を目的として、国土交通省北海道開発局帯広河川事務所の指導により行っています。
 学校の近くを流れる札内川の河川敷に植樹を行うため、今回は、学校近くの神社で桑の木の種を採り、苗として育てる準備をしました。周辺に自生する樹木を中心に植えることにより、鳥や昆虫がくらす自然豊かな河川環境が生まれることをねらっています。

□Hot News 

料理の哲人に学ぶ食農教育7.18
 今年度1回目の食農教育が行われました。地域から提供いただいた、新鮮な愛国野菜が、司厨士協会帯広支部のシェフの手で、おいしいランチに生まれ変わりました。
 子どもたちは今回、主に調理の見学を行いましたが、高学年は家庭科授業として、野菜のいろいろな切り方をシェフに実演していただきました。短冊切りや賽(さい)の目切りなど、手際よく様々な形や大きさに切られた大根は、味見してみると、食感や味わいが違い、貴重な生きた学習になりました。10月には、自分たちで育てた野菜を、一緒に調理します。農園のお世話にも、一層心がこもりますね。

野菜の切り方実演 様々な形に切られた大根 チキンの付け合せに提供いただいた「インカの目覚め」は、数か月寝かせた抜群の甘味でみんなを虜にしていました。 地元のハチミツを使ったソースで、デザートのような野菜サラダでした。 おいしくて、みんな真剣です。 おかわりコーナーに、列ができました。


体力テストで小中連携
 七中エリアの小中連携事業の一つとして、今年度初めて中学校の体育の先生2名を迎え、体力テストの出前授業を行っていただきました。この日は、3年生から6年生までの19名が、各種目のコツや注意点を教わりながら、昨年の記録を上回ろうと、頑張りました。専門的なアドバイスは、内容だけでなく、子どもに伝える説明の言葉もわかりやすく、教師側も勉強になるところがたくさんありました。


南極クラス
 「南極はどんなところ?」「南極ではどんな仕事をしているの?」観測隊員経験者が、ユーモアたっぷりに楽しく分かりやすく教えてくれました。ペンギンやアザラシたちのくらしぶりやオーロラの美しさに「かわい~!」「わ~!」と歓声をあげながらも、隊員達の熱い絆、夢をもち挑戦する気持ちについて、しっかりと受け止めてくれたようでした。
第57次南極観測隊員 福田真人先生(ミサワホーム社員) もこもこの防寒着で登場したのは、教頭先生でした。マイナス45度でも耐えられます。 毎秒60Mにもなるといわれる南極のブリザードに「フーッ」と口で挑戦。 ブリザードと同じ風の強さを送風機で体験。 国立極地研究所より分けていただいた南極の氷です。 氷の中の泡には、2万年前の地球の空気が入っています。太古の地球を感じとります。 福田隊員が南極で釣った魚。大きさ記録を塗り替えたそうです。


花壇と農園の草取り開始!
 広大な面積を誇る本校の農園と花壇は、栄養も行き届いており、油断すると草がたくさんになってしまいます。毎週月曜日に分担を決めて朝の草取りに励みます。秋の収穫物を使って、シェフ達と作るおいしい料理を夢見て頑張ります。


PTA教養部親子レク「化石体験」
 足寄の化石博物館へ、親子・先生総勢44名で、バス学習に行ってきました。午前に行われた、専門的なお話を聞きながらの、化石レプリカ作り、ミニ発掘、展示室見学は、大変興味深く、何度か訪れたことがあっても、新たな学びと発見の連続でありました。午後からは実際に河原のガンケに出向き、ハンマーを片手に化石発掘を行ってきました。貝や葉の化石が発見され、所々から「あったー!」と歓声が上がりました。


図書ボランティアさん「読み聞かせ」
 お昼休みに読み聞かせの会が開かれ、全校児童がお話の世界に引き込まれました。この日は絵本「たまごねえちゃん」と、カラスにまつわるアイヌの民話でした。終わりには、本への興味をわかせる課題も出されました。本好きな子が育っています。ボランティアさんに感謝です。


全校給食
 今年一回目の全校給食でした。みんなで協力して配膳し、わいわいと会食を楽しみました。中高学年の先輩たちが、低学年を上手に話題に入れて、暖かな笑顔につつまれていました。


農園の苗植え
 畑の先生の指導の下、学校農園の苗植えを行いました。4つの縦割り班で、4つの調理メニューと必要な作物を分担し、世話や観察、調理までを行います。秋の収穫、そして、シェフとの調理が待ち遠しいですね。
サツマイモは、スイートポテトになります。 枝豆は10列もまきました。 カボチャは、広々と。 独自の水受けの溝を研究しています。 水やりのついでに、長靴もきれいになります。


第114回大運動会
 好天の中、運動会本番が、無事終了しました。小学校児童たちの真剣なまなざしに、行事を通した成長を感じました。かわいい保育所園児さんの競技、熱い町内会対抗競技、楽しく参加できる一般種目にも大きな歓声がわきました。愛国地域の絆が、また強くなったのではないでしょうか。
恒例、全部入れる「玉入れ」 低い棒さばきに、リズム良いジャンプ。「トルネードスピンWink」 躍動感で魅せました。「よさこいStreet of Soran」 愛国っ子は、本当によく走ります。「赤白対抗リレー」 けっこう速い!町内会対抗「NEW愛国爆笑族」


運動会総練習
 昨日、今日と、二回に分けた総練習を、無事に終えました。今日は、保育所の15名のちびっ子たちも一緒に練習に参加し、かわいさに時々目を細めながらの練習となりました。各競技は、さらなる高み、完成度を目指し、最終調整に入っています。
躍動感が出てきました。かっこいいです。 より低く!より速く!行く手を見据えた目線も真剣です。 更なる高みを目指し、限界の速さに挑戦しています。 見ている方も力が入ります。 花壇の文字も完成です。今年は、100周年のテーマ「夢・絆・未来」シリーズの最終年度「未来」です。


「ふれあいの庭」手入れ完了
 昭和59年、開校80周年の事業として造成していただいた「ふれあいの庭」。今年もきれいにしていただいた同窓会の皆様、大変ありがとうございました。
 碑文のおわりに書かれている詩に、胸が熱くなりました。
  庭園よ。
  ゆかりの人々の心の泉となり
  健やかに 育て。
  母校よ。永久に 栄光(ひかり)あれ。


「育てよう やさしい心と 思いやり」
 法務局と人権擁護委員協議会が行っている「人権の花運動」の取組に、今年は本校をお誘いいただきました。この日は、花の苗や花壇関係の用具の寄贈式を行い、皆で苗植えをしました。人権イメージキャラクターの「人KENまもる君」(やなせたかしさんのデザインです)も来校してくれました。
おや?誰だろう? 寄贈式で、花の苗をいただきました。 全校で花壇の苗植えをしました。 人KENまもる君でした。仲良くなりました。


PTA環境整備作業ありがとうございました
 今年は天気に恵まれた外の行事が続きますね。学校農園の畑おこしと整地に続き、この日はビニールハウスと花壇の準備をしていただき、いよいよ植え付けの準備が整いました。ガラス拭きでは、母の会の皆さんと一緒に子どもたちも頑張ってくれました。大人と子どもが一緒に汗を流すのは、とてもいい体験ですね。


アゲハチョウ
 昨年のニンジン畑で育ったアゲハチョウのサナギを観察用に飼育ケースで育てていましたが、昨日、見事なキアゲハへと羽化してくれました。皆で生命の神秘を感じつつ、自然に帰してあげました。虫たちの季節到来です。


運動会練習スタート!
 暖かい一日でした。100周年記念樹のスモモの花が満開です。レンゲツツジの花もようやく咲きはじめました。子どもたちは、このところ伝統となりつつある、競技「トルネード」に挑み、今年の作戦を探っていました。ここでも、対話的で深い学びが得られそうですね。


避難訓練
 今年1回目の避難訓練は、1階家庭科室からの出火を想定して行われました。帯広消防本部、大正出張所、愛国消防団の絶大なご協力を得て、①避難口での煙体験 ②放水消火見学 ③消火器体験 ④消防車・救急車の見学 と、盛りだくさんの内容で学ぶことができました。「いざは普段なり」を教訓に、防災や安全避難につながる日常の行いを意識したいと思います。


運動会に向け準備着々
 雨で少々伸びていたグランド整地が終わり、職員みんなで運動会に向けたグランド設計を行いました。エゾリスや春の花々が見守る中、いよいよ、運動会に向けた練習が始まります。


「遠足」好天に恵まれ
 寒い日が続きましたが、今日だけは、見事に“遠足日和”でした。公共マナーを学ぶ、自転車の安全運転の実践の機会といったことも重要な目的の一つですが、やはり、学級の仲間づくりを一番の目的と考えている行事です。各クラスでいろいろと準備した計画にもとづき、持ち前の体力をふんだんに使った遊びを次々と行い、たくさんの楽しい思い出がつくれたようです。


校区内清掃ボランティア
 春先の雪解け時期から気になっていた路肩のゴミを全校でようやく拾うことができました。空き缶やペットボトルが目立ち、ちょっと残念な気持ちになりますが、負けずにきれいな街づくりを目指します!街もみんなの心も清らかになりましたね。 


料理の哲人に学ぶ食農教育
「シェフと一緒に秋のメニューを考えよう!」
 事前に子どもたちが「食べたい!」と出し合ったメニューをもとに、シェフがいくつかのメニューを考えてくれました。シェフにそれぞれの材料や作り方を教えてもらい、イメージをわかせた後、今年の調理メニューの最終決定をしました。
≪10月のメニュー≫
「照り焼きチキンと野菜」「コーンポタージュスープ」「愛国野菜の農園サラダ」「スイートポテト」


青空交通安全教室
 天気が心配されましたが、何とか屋外で実施できました。本校は、車が比較的スピードを出しがちな道路を自転車通学するため、心配がつきません。
 交通指導員さんより、自転車点検のポイントや、事例をもとにした交通安全の実践的な注意点を教えていただきました。今日の実地訓練で学んだことが、実際の登下校で実践されているか、明日からの街頭指導で確認することとしています。


「南極クラス」6月22日(金)開催決定!
 「学校生協」主催、「ミサワホーム」協賛の「南極教室」を今年、本校で開催していただけることになりました。南極昭和基地の観測隊員経験者が講師となり、自然環境や動物たちの実際の様子などを体験させてくれます。「国立極地研究所」より約2万年前の地球の空気が閉じ込められた「南極の氷」も届きます。


1年生、元気にがんばっています!
 「がっこうたんけん」「はじめての給食」など、先輩の2年生が、いろいろと教えてくれます。複式学級ならではの良さで、1年生、2年生のどちらにも育ちが期待できます。
 参観日の授業も給食試食会も、みんな嬉しさを隠しきれない感じでしたね。


1年生を迎える会
 児童会事務局が企画・進行してくれました。とても運動量豊富な集会でした。
 おわりに、みんなで輪になって「さんぽ」を歌いました。ほのぼのと盛り上がりました。


児童会総会
 より良い学校をみんなの力で!協力して活動する力を育てます!
 取り組んで良くなったところを見つけ合おう!


「今日は変わった雲だよ!」
 季節の変化、自然の雄大さを感じながら成長する子どもたち、素敵ですね。


4月17日(火) シェフ・PTA三役・学校の打合せ
 今年度の「料理の哲人に学ぶ食農教育」プロジェクトが、いよいよ動き出しました。


平成30年度 入学式
 4月9日(月),愛国小学校に4人の1年生が入学しました!上級生が作った歓迎のくす玉を割り,一人一人が「名前」と「好きなもの」をしっかりと発表することができました☆
 また,翌日からの登下校指導では,高学年が立派にリーダー性を発揮してくれました。


寒くても元気に登校
 おそらく、今年最後の雪だるまになるでしょう。登校の子どもたちをお出迎えです。

小規模特認校
制度について 

小規模特認校制度に関心をおもちの方はいつでも学校にご連絡ください。
(愛国小学校 ℡0155-64-4751)
 本校は,帯広市街地から近距離にある豊かな自然に囲まれた学校です。子どもたち一人一人に目が行き届き,みんな楽しく学び,高め合いながら学校生活を送っています。帯広市在住の方でしたら校区外からも通うことのできる特認校制度に関心をおもちの方は,愛国小学校までご連絡ください。 

「料理の哲人に学ぶ
食農教育」

第1回目の会食と講話が、7月18日(水)に終了しました。
地域から提供を受けた、新鮮な愛国野菜がシェフの手で、とってもおいしいランチになりました。お腹いっぱいいただきました。

次回、2回目
10月15日(月) 
 調理体験と会食
 収穫発表会

What's New

2018.07.25

七中エリアの日について 

LinkIconアウトメディアデーはここをクリック!!  

「料理の哲人に学ぶ食農教育リーフレット」はこちら 

LinkIconここをクリック!!   

南極教室

6月22日(金)に終了しました。
大変興味深く、盛りだくさんの内容でした。
興味をお持ちの方は、こちらのサイトをご覧ください。
LinkIcon南極クラス